海外旅行 過激!お宝!動画・写真集♪ オナニー 電マ バイブ 自慰 コンドーム
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
148963.jpg565029.jpg

660789.jpg407520.jpg
続きはコチラから

豆知識
コンドームの構造:コンドームの先は、精液を溜めるための小さな袋状突起になっているものが多く、射精しても膣内に精子が出ないようになっている。また、コンドームは粘膜の接触も遮断するため、避妊だけでなく、HIVなどの性感染症の予防にも一定の効果がある。公的にも推奨され大変よく使用される方法である。コンドームは使用感や違和感を少なくするため、非常に薄く作られており(約0.02~0.1mm前後)、表面にはゼリー状の潤滑剤が塗布されている。女性の性的快感を高めるために、表面に凹凸状の加工がされているものもある(ただし、「実際に使ってみると性感に殆ど関係ない」という声もあがっている)。また、ラテックスゴムに対するアレルギーの存在や特有のゴム臭を避けるために、ポリウレタン製コンドームも開発された。(1998年4月の発売時、一部の製品に穴が開いていたことにより、回収される問題が発生。現在は販売再開)精子は射精時の精液だけでなく、前段階で分泌されるカウパー腺液中にも僅かに存在する場合があるため、コンドームによる避妊を確実にするには、ペニスが勃起してすぐ(女性器への挿入前)に装着する必要がある。避妊を考慮せず、衝動的な性行為を行う男性もいるために、近年では、自己防衛の意味で女性側がコンドームを所持する事も珍しいことではない。女性の膣内に装着する女性用コンドームの場合は、女性の外陰部と膣壁を覆い、精子の侵入を防ぐ。 女性が主体的に利用できる避妊法として注目されているが、装着がやや難しいことや装着時の外観の問題、男性器に装着するコンドームと比較して割高であることなどから、男性器に装着するコンドームと比べてあまり普及していない。※現在日本では、女性用コンドームは生産・発売されていない。また人間用途以外に、去勢されて苦しむ犬を増やさないという意図に基づいた、雄犬用コンドームも存在し、2006年中に日本国内に市場流通する模様である。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://go6789060.blog60.fc2.com/tb.php/39-f593769c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。