海外旅行 過激!お宝!動画・写真集♪ フェラチオ 尺八 素人 がまん汁
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
36305.jpg36301.jpg

36300.jpg35988.jpg
続きはコチラから

豆知識
がまん汁:尿道球腺液(にょうどうきゅうせんえき)は、外科医ウィリアム・クーパー(William Cowper)(1666-1709)により明らかにされたもので、カウパー腺液(カウパー氏腺分泌液)あるいはカウパー氏腺液ともいい、尿道球腺から分泌される弱アルカリ性のねっとりとした無色透明な液体である。俗に「ガマン汁」とも言われる。射精の前に分泌されるカウパー腺液は以下の役目を持っている。「女性の膣内は弱酸性である為に、アルカリ性であるカウパー腺液で膣内を中和する事により精子を守る。」 「男性の尿道内を洗浄する。 」「性交時に滑らかにする為の目的。」 カウパー腺液自体には精子は含まれないが、若い精力が旺盛な男性は、精子が活発であり精子の生産量が多い為に漏れてしまい含まれる。よく「ガマン汁で妊娠するか?」という話を聞くが、答えは「YES」である。 カウパー腺液にはごく少量の精子が含まれる事があり、理論上では妊娠する恐れがある。しかしながら1ccあたりに精子が2000万匹以下であると妊娠は不可能であると言える。カウパー腺液には2000万匹以上の精子が含まれる事は無い為にまず不可能である。 カウパー腺液で妊娠する確率は何千万分の一の確率であろう。 但し、妊娠しない確率が無いとは言えないのでコンドームをつける等の予防が最も大切である。余談ではあるが、ウィリアム・クーパーが解剖学の書籍に発表する1702年より以前に、外科医ジャン・メリーが1684年に発見しており、ウィリアム・クーパーが見つけた訳ではない。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://go6789060.blog60.fc2.com/tb.php/38-08418e70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。