海外旅行 過激!お宝!動画・写真集♪
FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
148963.jpg565029.jpg

660789.jpg407520.jpg
続きはコチラから

豆知識
コンドームの構造:コンドームの先は、精液を溜めるための小さな袋状突起になっているものが多く、射精しても膣内に精子が出ないようになっている。また、コンドームは粘膜の接触も遮断するため、避妊だけでなく、HIVなどの性感染症の予防にも一定の効果がある。公的にも推奨され大変よく使用される方法である。コンドームは使用感や違和感を少なくするため、非常に薄く作られており(約0.02~0.1mm前後)、表面にはゼリー状の潤滑剤が塗布されている。女性の性的快感を高めるために、表面に凹凸状の加工がされているものもある(ただし、「実際に使ってみると性感に殆ど関係ない」という声もあがっている)。また、ラテックスゴムに対するアレルギーの存在や特有のゴム臭を避けるために、ポリウレタン製コンドームも開発された。(1998年4月の発売時、一部の製品に穴が開いていたことにより、回収される問題が発生。現在は販売再開)精子は射精時の精液だけでなく、前段階で分泌されるカウパー腺液中にも僅かに存在する場合があるため、コンドームによる避妊を確実にするには、ペニスが勃起してすぐ(女性器への挿入前)に装着する必要がある。避妊を考慮せず、衝動的な性行為を行う男性もいるために、近年では、自己防衛の意味で女性側がコンドームを所持する事も珍しいことではない。女性の膣内に装着する女性用コンドームの場合は、女性の外陰部と膣壁を覆い、精子の侵入を防ぐ。 女性が主体的に利用できる避妊法として注目されているが、装着がやや難しいことや装着時の外観の問題、男性器に装着するコンドームと比較して割高であることなどから、男性器に装着するコンドームと比べてあまり普及していない。※現在日本では、女性用コンドームは生産・発売されていない。また人間用途以外に、去勢されて苦しむ犬を増やさないという意図に基づいた、雄犬用コンドームも存在し、2006年中に日本国内に市場流通する模様である。
695945.jpg695584.jpg

659739.jpg659736.jpg
続きはコチラから

豆知識
愛液:膣分泌液(ちつぶんぴつえき)とは、女性が性的に興奮した時に膣壁から分泌される無色透明の液。俗に愛液、膣液、性液、ラブジュース、ラブ・ジュースなどともいわれる。概念:膣粘膜から性交時の潤滑のために分泌される。HIVの感染源としても重要。一般にバルトリン腺から分泌される「バルトリン氏腺液」やスキーン腺から分泌される「スキーン腺液」等も含むことも多い。ちなみにバルトリンやカウパーというのは研究者の名前である。
701720.jpg700738.jpg

700674.jpg700581.jpg
続きはコチラから
ランキング応援はコチラから

豆知識
男性のオナニー:男性の場合は、一人になれる場所で性的興奮により勃起した男性器を握り、手をピストンのように上下に動かしたり擦ったり等の刺激を与え続けることにより、オーガズムを得て射精に至る。 射精にいたるまでの時間には個人差があり、個人の状態または周囲の状況などにより異なるが、1~15分程度とされる。 例えば異性愛者の場合、異性の裸体や異性との性的行為等を想像したり、アダルト向けの写真・小説・マンガ・アニメ・ゲームなど視覚的な資料を見ながら行う(俗に「おかず」や「オナペット」と言う)。 身体の柔らかい人が、自分の口に咥えこんでする場合がある。これを、「オートフェラチオ」という。 男性のオナニーでは、亀頭部をやわらかいもので刺激したり布団に押し付けたりして刺激する。本来包皮は亀頭を保護する膜であり、被せたまま刺激するケースも多い。
696036.jpg696016.jpg

695633.jpg695621.jpg
続きはコチラから
ランキング応援はコチラから

豆知識
中世のキリスト教圏では、オナニーは非合法とされた。神学者のトマス・アクィナスは、オナニーがいかに神の教えにそむくかを説明している。近代のプロテスタント運動が高まった時期にも、オナニーの背徳性の教えが説かれた。右図はこのようなオナニーの罪悪から青少年を守るために考案された特許である。青少年のペニスを図のサックに挿入し、ベルトを腰に巻き固定する。彼自身ではこの器具が外せないようになっている。もし、彼が誘惑にかられて、ペニスに手を伸ばしてオナニーを始めると、大きな警報がなり、周囲の注意を喚起せしめるようになっている。警告にもかかわらず彼がオナニーを続けると、器具につなげられた電気回路が作動して電撃がペニスに走り、一気に萎えさせるような仕掛けになっている。ただし、この器具がどの程度普及したかどうかという記録は残っていない。(なお、ペニスに電撃を加えることは大きな危険を伴うため、安易に模倣することは慎むこと)このような装身具は子供用にもつくられており、電撃はないが安易に性器を刺激できないよう堅い皮製のパンツ(男児はペニス部分がペニスサックのようにとびたし、女児には性器を覆うような形をしたもの)や女児用にミキナスとよばれるショーツをはかされ、性器を手で刺激しにくいようにさせていた。しかし、実際にはなんとか快感を得ようと物に押し付けたりしてオナニーしていたようである。
700643.jpg700526.jpg

700515.jpg696309.jpg
続きはコチラから
ランキング応援はコチラから

豆知識
手コキとは、性行為における性的興奮を得る為に、パートナーがペニスを手で掴みピストン運動をして射精させることの俗称。「手」で「扱(こ)く」の意で、ラテン語では"digitatio"という。 (相手が女性の場合は"titilatio")女性との接触が禁じられた寺社で、性欲を満たすために伝えられたと言われている。 異性愛ペアにおいて、女性がおこなうことがほとんどであるが、男性同士でもニューハーフのペニスを男性が手コキするなどという特殊な場合もある。通常、男性は性行為において能動的であるが、手コキの場合完全に受動的になる為、一味違った感覚が得られる。女性も間近で男性器に接することができる快感が得られるため、性行為の快楽において欠かせないものの一つとなっている。また、避妊の為や妊娠中の夫婦間の性行為として行われることも多い。その他、○○コキの名で生殖器以外の体の部位を使って、射精を促す行為をあらわす。足コキや腋コキなどがある。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。